プロミスから100万円を借りたときの利息を返済シミュレーションしてみよう

簡単に考えることができないのは大口の借り入れをしたときの返済計画です。
消費者金融であるプロミスから借り入れをするときにはその返済をどのようにしていくことができるのは返済シミュレーションを使ってみる必要があります。
例えば100万円を借り入れたとき、どのようになるのでしょうか。

 

返済シミュレーションは毎月の返済額からシミュレーションすることもできますし、希望する返済期間からもシミュレーションをすることができます。
何度でも利用してどのような返済になるのかを考えてみなくてはなりません。

 

まずは返済期間で考えてみましょう。
100万円を借り入れたとしてこれを2年で完済したいと考えてみましょう。
利息制限法によって100万円を超える借り入れ金額の時に適用される金利は15.0%が上限となっていますので金利は15.0%でシミュレーションをしてみます。
この時毎月の返済額は48、486円となりました。
およそ5万円です。
2年も日割りとなる利息を大きな金額を元にしてリ払っていくことになりますので利息総額はおおきくなります。
163、668円、およそ16万円が利息になることになりますので元金と考えると1割強が利息としてプラスされることになります。

 

毎月5万円の返済は大きな金額になります。
そこで今度は毎月の返済額からシミュレーションをしてみましょう。

 

2万円であれば返済に回すことができるとすれば返済期間は79か月、相当に長い期間となります。
何度もシミュレーションをしながら返済計画を立てていきましょう。
参考サイト:プロミスでのお金の借り方

プロミスへの収入証明提出のタイミングは50万円?100万円?

収入証明が必要になるタイミングがあります。
それはプロミスでもそのほかの消費者金融でも同じことです。
貸金業の総量規制によって決められています。
50万円とも100万円とも聞いたことがあるかと思いますが、実際にはどのタイミングで必要になるのかをみていきましょう。

 

そもそも総量規制というのは個人の貸し付けを制限するための法律になります。
本人の年収の3分の1を借り入れの上限とするというものです。

 

借り入れ金額が大きくなければ年収を個人の自己申告で信用してもいいかもしれません。
勤務先に連絡をする在籍確認がありますので年収に万が一虚偽があったとしてもそれを考慮した融資限度額が決められています。
収入証明書類を提出するタイミングはどこにあるのかと言えば年収の3分の1を上限とするという法律がある以上、その範囲内になるかどうかを確認することが必要になるタイミングであるということができるでしょう。

 

総量規制で決められているうち一つのタイミングとしては貸付残高が50万円を超える場合に提出とありますが50万円を貸し付けるための年収としては150万円が必要になります。
考えられる年収です、そのためにもこのタイミングで収入証明が必要になるのではないでしょうか。
またほかの貸金業者からの借り入れ金額を含めた総貸付金額が100万円を超えるときにも収入証明が必要になります。
いずれも年収の3分の1の借り入れ金額を超えない金額になるかをプロミスが判断するために必要になることになります。

50万以上の借り入れはプロミスではなく銀行も比較しよう

少額キャッシングが基本となるプロミスなどの消費者金融になりますので50万以上の収入証明が必要になる金額を借り入れる場合には消費者金融ではなく銀行の方がメリットが高くなることもあります。

 

少額キャッシングであったからこそ金利の違いは目立ちませんでした。
しかし借り入れ金額が大きくなると必然的に返済期間が長くなりそれによって当然のことながら利息が大きく膨れてきます。
返済額のうちどのくらいが利息になるのかを考えてみるとよいでしょう。
毎月の返済額として用意できる金額には限度があるはずです。
消費者金融で借り入れをしようと、銀行で借り入れをしようと返済額として毎月用意できる金額は個人によって決まってくるものになりますのでそれでは何が変化があるのかと言えば返済期間が延びるということです。

 

銀行の金利は融資限度額によって決まってきます。
これは借り入れをする前であっても公式ホームページには必ず一覧がありますので参考に見ることができるでしょう。
もちろん融資限度額は審査によって決まりますので自分で考えていた限度額ではないこともあります。
50万円以上の借り入れとなれば通常どの銀行でも金利が下がり始めるタイミングです。

 

多くのキャッシングでは返済シミュレーションが用意されています。
実際に毎月の返済額から返済期間はどのくらいになるのかを計算してみるとよいでしょう。
その詳細を見ると利息の総額も記載されていますので比較するには役に立ちます。